自己破産後のカードローンはいつから使えるようになるの?体験談と解決策




自己破産後のカードローンはいつから使えるようになるのか気になりますよね。

やはり自己破産後はカードローンは使えないのでしょうか。

使えている人はなぜなのでしょう。

自己破産後にカードローンはいつから組めるのか体験談と解決策をお送りします。

自己破産したら何年カードローン組めない?の体験談1

質問

自己破産したら5年〜10年はカードやローンが組めないと聞きました。

何でそんなに曖昧なのでしょう。

また5年で、もしかしたら消える10年なら確実に消えるという意味はありますか?

信用情報が消えたらクレジットカードはすぐ作れるようになるのでしょうか。

回答

自己破産後のカードの作り方は信販系は5年、銀行系カードは10年をすぎないと取得できない様になっているのです。

一度、迷惑をかけたカードは、会社の内部情報に一生登録されます。

取得は困難でしょう。
ブラック情報が消えてもクレヒが真っ白だと逆に、事件を起こしたのではないか
と疑われ調査されてしまいます。

携帯電話の引き落としでクレヒを作り、迷惑をかけていないすごくマイナーな
カードを選ぶのがベストですよ。

自己破産後のカードローンが通らないのはなぜの体験談2

質問

過去に自己破産して数年後にクレジットカード作ったり、何かのローンをくんだりした人が居たら知りたいです。

自己破産して10年以上経つのです。

それなのに今だに何のローンもクレジットカードも審査が通らないのです。

7年でリストか消える。それ以降は通常になると聞いたのですが嘘だったのでしょうか。

回答

信用情報機関の情報が消えた場合でも各金融機関は自己防衛として情報を残しているかもしれません。

また7年で消えたとしてもそこから、現在までの経歴(銀行取引歴など)に問題があったのかもしれませんよ。

自己破産後のカードローンは何年で組める?の体験談3

質問

自己破産後、何年くらいでクレジットカードは作れるのでしょう。
今は普通の会社勤めで、一定収入はあります。

回答

「○年で作れる」というのはありませんよ。

クレジットカードに関わる個人信用情報会社はCIC(割賦販売法・貸金業法の指定会社)とJICC(貸金業法の指定会社)です。

CICには官報情報載りませんし、JICCも5年で記載がなくなります。

ただし、官報情報をデータベース化している会社もありますし、「○年で自己破産のデータが消える」とは言えないのです。

むしろ、クレジットカードを作るためのカード会社が判断できる信用があるかどうかでしょう。自己破産でそれまで持っていただろうクレジットカードの契約は終了しているでしょうから、これも5年経つと記載はなくなりますよ。。
ある程度の年で個人信用情報がないというのは「事故明け」を想定される(ので他の方法を併用して調べるでしょう)し、自己破産前の割賦販売の支払状況がいいとは言えないでしょうから、記載が残っていても厳しいと考えられます。。

自己破産後のカードローンを組むのは難しくなってしまいますね。