自己破産後にローンはいつから組めるようになるの?体験談と解決策




自己破産後にローンを組みたいと考えたときに、いつから組めるようになるのか悩みますよね。

自己破産後にローンを組まなければいけない状態となったときに、どのくらいの月日が経っていたら組めるのか、早めに知りたいですね。

そこで自己破産後にローンを組めるのはいつになるか体験談と解決策をお送りします。

自己破産後何年でローン組めるようになる?の体験談1

質問

自己破産後、ローンについて質問です。自己破産後何年でローン組めるようになりますか。

やはり銀行系は難しいのでしょうか。
審査が通りやすい会社はあるのですか?

回答

5〜10年後となるでしょう。
現行の各個人信用情報機関の規約においてCIC,JICCは事故記録が5年間となります。
KSCは10年官報情報が残りますね。
この間はローンを組むのは難しいです。
特に申請先が銀行ならばお膝元であるKSC(全銀協)は確実に照会しますから10年間はほぼ不可能と考えておくことをおすすめします。

 

自己破産後何年で住宅ローンを組める?の体験談2

質問

自己破産後何年ぐらいで住宅ローン借り入れ可能となりますか?

回答

自己破産した次の日から可能なんですよ。

自己破産者が借金をしてはいけないと言う法律はありません。
自己破産者に貸してはいけないという法律もないのです。

更に何年経過すれば大丈夫というのもうそですからね。

支払い能力と物件内容等の条件さえ良ければいつでも利用可能ということになります。

自己破産をした後に住宅ローンを組めるのは10年後?の体験談3

質問

自己破産をした後、住宅ローンを組めるようになるのはいつからですか?

よく10年後という話を聞きます。

必ず10年後まで住宅ローンを組むことはできないのですか?

どうやってローンが組めるようになったか知るのでしょうか?

回答

本人の努力次第です。

貯蓄を増やし支払能力があることをしっかりと示す必要があります。

 

自己破産後にローンを組むのは難しいことですね。